青空

僕がいつか見ていたこの空に魔法がかかって
手が届きそうだ どこまでも青く澄み渡ってる
話しかけたら全て見透かされ 誤魔化せないよな
でもそれでいいや いつまでも君を好きでいよう

手に負えないような可能性の中で
確かなものは守っていかなきゃな

小さな頃に初めて覚えたそれとは
今は少しだけ違うけど 右手の温もりは本物
青空のように 果てしなく広い世界で
不安定で先も見えないけど
無くさないように強く握りしめて


もしここにある大切なモノを一つだけ選べと
理不尽な問に君をすぐ選べるのだろうか

腑に落ちないことが繰り返されるけど
信じれるものは掬いあげていかなくちゃな

成れば成る程笑顔から失ってく
それが正しいというのなら
実りのない未来だっていい
青空のように何処にいても繋がってる
正解のない旅路を歩いてく
不確かな二人で歩いてく

不安定で先も見えないけど
無くさないように
君の左手を強く握りしめて

あぁ 少しずつ空が茜色に染まってく

lyric/ナガイケンタロウ
music/ナガイケンタロウ

≪back page