願いごと

朝日が昇る河川敷で
嘘みたいな景色を見ながら
ああ、そうか
君といるから世界が眩しいんだ
なんてぼんやり思ってた

何もいらないんだよ
ただ横に居れるなら

いつだって考えてる
思い馳せてない時間を
数える方が早いや
どうか願いが叶うなら
あと5分だけ隣でこうして居させて


少し乱暴な春風も
全然止まない雨も
通り過ぎていく雑踏の音も
代わり映えのない毎日さえも
一つずつ気づいたら
どうにかこうにか乗り越えてた


何もいらないんだよ
ただ側に居れるなら

日々の流れはどうしたって
誰しも平等に乗り越えてくものだから
特別じゃない僕たちは
今日も秘めた想いを握りしめてる

いつだって考えてる
思い馳せてない時間を
数える方が早いや
重ねた毎日が僕たちを
どうか離れないように
繋げていてくれるように

lyric/ナガイケンタロウ
music/ナガイケンタロウ

≪back page