リンドウと君

ねえ、君が好きだった 窓際のリンドウはもう枯れたけど
花言葉が寂しい愛情だなんて 笑えない冗談だ

たった一つ聞きそびれてた言葉を
そっと頭に浮かべては消しておぼれてく

君が瞳そらした訳はそうさ 二人の未来が見えたから
『サヨナラはまだ言わないでおくれ』 すがった僕の目を見つめて
涙流す君を 忘れたくて忘れたくて 忘れられないまま


ねえ、僕ら並んでた 写真を剥がした壁は歳月を知らせる
古びた壁色に白く縁取らている 記憶の跡をなぞる

何てことのない言葉でも今は 君と僕との間を繋いでる絆だなんてさ

君が想い隠したわけはそうさ 明日への希望を見ていたから
気付かず僕はまた君を傷つけ 触った君の心を知って
なんて後悔したって わからなくてわからなくて 分かり合えないまま


屋根を鳴らす雨音 最後の言葉かき消した 結局それが後悔の元


僕と並ぶ枯れたリンドウ サヨナラはまだ言わないでいるよ

君が瞳そらした訳はそうさ 二人の未来が見えたから
『サヨナラはまだ言わないでおくれ』 すがった僕の目を見つめて
涙流す君を 忘れたくて忘れたくて 忘れられないまま
僕はまだこのまま リンドウと君を

lyric/ナガイケンタロウ
music/ナガイケンタロウ

≪back page