夕凪ぐ

「もう繋いだ手を解いて、終わりにしよう僕らは。」
あぁ声にならない思いは また宙(そら)に浮かんで消えてく

8月の風は生温(ぬる)くてうやむやにごまかし吹いてる
選べないくせに手にしてしまうなら
いっそ壊れるまで抱きしめていよう

心の奥の方 弱くて脆い自分が目を瞑るけど
大丈夫だよと 優しい顔で君は笑ってた


答えを委ねるクセが今でも直ってはいなくて
うん、分かってる優しさじゃない
ただ目を逸らしてるだけだろう

柔らかな白い肌に触れたって
満たされてやしない こんなにも
指輪の向こうの幸せな日々も
満たされやしない 空っぽのまま

心の奥の方 不埒でズルい自分を認めたくない
また人の目気にして ありきたりな言葉で
やり過ごしていた

けど
繋いだ手解いて ここから始めよう もう目を逸らさないから
大丈夫だよと哀しい顔で君は笑ってた

でも 優しい君は泣いてた

lyric/ナガイケンタロウ
music/細川正俊(つれづれぐさ)

≪back page